Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車上荒らしで学生情報保存したノートPCが持ち去られる - 静岡大学

静岡大学の教員が、車上荒らしの被害に遭い、個人情報509件が保存されたノートパソコンを何者かに盗まれたことがわかった。

同大情報学部の教員が、2月22日に被害にあったもので、持ち去られたノートパソコンには、2004年から2007年にかけて担当した科目の受講者に関する氏名や学籍番号、レポート提出状況、評価などが保存されていた。

同学部では、個人情報の持ち出しについては原則として禁止していたが守られていなかった。またデータの暗号化対策を行っていたものの、一部が未実施だった。

すでに警察へ被害を届けているが、二次被害などの報告はないという。大学では関係する学生に対して事情の説明を行い、謝罪した。

(Security NEXT - 2008/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市