Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神奈川県民共済より受託した個人情報2万件を紛失 - 高島屋

高島屋は、神奈川県民共済生活協同組合から受託した個人情報を紛失したと発表した。

同共済から受託した個人情報2万9件を記録したMOディスクを、横浜市内で業務委託先が紛失したもので、契約者や加入者名をはじめ、電話番号、性別などが記録されていた。同ディスクには、暗証番号によるロックが設定されていると同社では説明している。

同社では警察へ紛失を届けているが、二次被害などは発生していないという。また、関係者に対して同共済組合経由で注意喚起を行う。

(Security NEXT - 2008/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
三菱製シーケンサのCPUユニットにDoS脆弱性
イベント案内メール誤送信、企業のメアド流出 - 新潟県
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
「Cisco PI」「Cisco EPNM」の「REST API」に深刻な脆弱性
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性
ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県