Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デル、大規模システムのライフサイクル管理ソリューションを提供

デルは、1000台を超える大規模なクライアントPCの管理を一元化する「クライアントPCライフサイクル管理ソリューション」の提供を開始する。

同製品は、インテルvProテクノロジを採用したデスクトップPC「Optiplex 755」やノートPC「Latitude D630c」と、クライアントシステム管理製品「LANDesk Management Suite」「LANDesk Security Suite」を組み合わせた資産管理ソリューション。

LANDeskシリーズを活用することで、資産管理やソフトウェアライセンス監視、ソフトウェア配布、リモートコントロールのほか、ウイルス、スパイウェア対策や脆弱性の検出、ファイアウォール、パッチ配布、デバイス管理などセキュリティ対策を一元化。ひとつのコンソールで管理できる。

電源オフ時におけるリモート起動のほか、遠隔地からの操作でクライアント情報の取得や診断、パッチ適用などが可能。導入時には、同社の「インフラストラクチャ・コンサルティング・サービス」を通じて、コンサルティングから導入までワンストップでサポートを提供する。

(Security NEXT - 2008/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版