Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロがLinux向けウイルス対策ソフトの最新版 - VMwareを正式サポート

トレンドマイクロは、Linuxサーバ向けウイルス対策ソフトの最新版「ServerProtect for Linux 3.0」を、1月29日より発売する。

同製品は、Linuxサーバやサーバ上のファイルを、ウイルスなどセキュリティ脅威から防御するウイルス対策製品。今回発売される最新版では、スパイウェア対策機能が追加されたほか、VMwareによる仮想化環境における正式サポートを開始した。

また、一部の主要モジュールのソースコード公開を開始。これに伴い、最新のカーネルでリアルタイムのウイルス検索を可能にする「カーネルフックモジュール」のソースコードを一般公開した。これにより、ユーザーが独自にモジュールを作成できるため、同社からのモジュール提供を待たずに最新のカーネルに対するウイルス対策が可能となる。

また最新版では、「Red Hat Enterprise Linux5.0」や「SuSE Linux Enterprise 10」などの最新ディストリビューションに対応するほか、NECのフォールトトレラントサーバ「Express5800/ft」のサポートも開始する。

(Security NEXT - 2008/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装