Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

90日以上修正されていないウェブアプリの脆弱性は95件 - IPAらまとめ

情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンターは、2007年第4四半期の脆弱性の届出状況を取りまとめた。

同四半期に寄せられた脆弱性の届出件数は、ソフトウェアが66件、ウェブアプリケーションが80件。ソフトウェアについては前期の49件から大きく増加したが、一方でウェブアプリは103件から減少した。

ソフトウェアの脆弱性については、任意のスクリプトが実行される脆弱性が47%ともっとも多く、情報漏洩の10%、なりすましの7%と続いている。ウェブアプリについては、ウェブサイト上へ偽情報の表示が最も多く33%。次いでデータの改ざんが18%、クッキーの漏洩が16%、個人情報の漏洩が10%だった。

同四半期には、ソフトウェア31件、ウェブサイト93件の合わせて124件の脆弱性が修正され、受付開始後から累計1002件となった。

一方、90日以上の長期にわたり修正が行われていないウェブサイトの脆弱性は95件で、前期から22件減少した。300日以上修正されていないケースは11件減少し39件となった。しかし、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなど重大な脆弱性もあり、早期に対応するよう呼びかけている

(Security NEXT - 2008/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集