Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市、HP上で個人の氏名を誤公開 - 公文書目録情報のチェックミスで

大阪市が、ウェブサイト上の公開文書において、住民や職員など40人分の氏名を誤って公開していたことがわかった。

同市では、ウェブサイト上で決済文書や供覧文書などの目録情報を公開しているが、一部文書の標題や副題などに、住民16人や職員24人の氏名が含まれた状態で、誤って公開していたことが判明したもの。

2007年10月に個人情報が含まれた公開文書が見つかり、同市では、ほかの文書で同様の問題が発生していないか、すべての目録情報を調査。その結果、成年後見制度や戸籍事務の申請者、物件の所有者といった住民、育児休業や公務災害に関連する職員など、本来は非公開とすべき個人情報が含まれていたことが判明した。

同市では、公開文書から個人情報を削除。関係者に対して個別に説明を実施し、謝罪した。今後は文書公開時のチェックを強化し、報告を義務づけるなどの再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2008/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県