Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市、HP上で個人の氏名を誤公開 - 公文書目録情報のチェックミスで

大阪市が、ウェブサイト上の公開文書において、住民や職員など40人分の氏名を誤って公開していたことがわかった。

同市では、ウェブサイト上で決済文書や供覧文書などの目録情報を公開しているが、一部文書の標題や副題などに、住民16人や職員24人の氏名が含まれた状態で、誤って公開していたことが判明したもの。

2007年10月に個人情報が含まれた公開文書が見つかり、同市では、ほかの文書で同様の問題が発生していないか、すべての目録情報を調査。その結果、成年後見制度や戸籍事務の申請者、物件の所有者といった住民、育児休業や公務災害に関連する職員など、本来は非公開とすべき個人情報が含まれていたことが判明した。

同市では、公開文書から個人情報を削除。関係者に対して個別に説明を実施し、謝罪した。今後は文書公開時のチェックを強化し、報告を義務づけるなどの再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2008/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか