Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年明け最初のセキュリティパッチは「緊急」1件含む2件 - マイクロソフト

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムを公開した。先週公表された予告通り、深刻度「緊急」が1件、「重要」が1件の計2件が提供されている。いずれもプログラム公開前にゼロデイ攻撃などは確認されていないという。

今回提供が開始されたプログラムは、いずれもWindowsに関する脆弱性を解消するもの。深刻度が「緊急」とされたプログラムでは、非公開で同社に報告があった2件のTCP/IP処理における脆弱性を解消する。脆弱性は、不正に改変されたIGMP/MLDパケットを受信した場合、リモートでコードが実行されるおそれがあるという。

一方、「重要」として公開されたは、「Microsoft Windows Local Security Authority Subsystem Service(LSASS)」の脆弱性を解消するもの。悪用されると昇格された特権で任意のコードが実行されるおそれがある。

2008年1月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-jan.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版