Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

二重の迷惑メールフィルタを搭載した「Shuriken」最新版 - ジャストシステム

ジャストシステムは、迷惑メール対策を強化したメールソフト「Shuriken 2008」を2008年2月8日より発売する。大切なメールの見落としを防ぐ「フォルダウォッチ」機能なども搭載されている。

同製品は、個人情報の暗号化などセキュリティ機能や、学習型迷惑メールフィルターを搭載したメールソフト。今回発売される最新版では、大量のメールを効率的に整理できる新機能が搭載されたほか、迷惑メール対策も強化された。

従来製品に搭載されていた学習型迷惑メールフィルタを二重化した「迷惑メールフィルター ダブルディフェンス」をあらたに搭載。「マスターフィルター」が一般的な迷惑メールを除去し、それをすり抜けたユーザー特有の迷惑メールや新種の迷惑メールについては「ユーザーフィルター」が学習し、次回からの判定に反映される。

また、複数フォルダのメール一覧を表示する「フォルダウォッチ」機能や、受信メールを条件によって振り分ける「受信箱の自動クリーンアップ」機能なども追加された。通常版の価格は5040円。ダウンロード価格は3675円。

(Security NEXT - 2007/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性