Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会が四半期レポートを公表 - 国内でも2行が標的に

フィッシング対策協議会は、7月から9月までの2007年第3四半期におけるフィッシング詐欺の動向を発表した。

日本国内では、7月に新生銀行を偽装するフィッシング攻撃が2度にわたり発生。2回の攻撃はいずれも英語のメールやログイン画面を利用したもので、2回目の攻撃では、IDやパスワードだけでなく、セキュリティカードの乱数表などを入力させようとする悪質な犯行だった。

また同時に複数のURLが利用され、米国や英国、トルコなどにウェブサイトが設置された。こうした攻撃で日本国内企業のブランドが利用されたのは、同協議会において観測史上はじめての事例だという。さらに多数のメールが発信されており、同協議会会員や報道機関などにも直接受信できる規模だった。

また8月中旬よりイーバンク銀行への攻撃が発生。偽サイトが閉鎖されるたびにあらたなサイトが立ち上げられ、繰り返し攻撃が行われたという。

また海外の状況については、「APWG Phishing Adivity Trends Report 2007」によると、7月に2万3917件のフィッシング攻撃が発生。9割以上が銀行など金融機関を狙ったものだった。またフィッシングサイトをホストした国は中国が23.74%で、米国をはじめて抜き、トップだった。

(Security NEXT - 2007/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託先でカード決済の二重請求や引落が発生 - イープラス
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ