Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送信ミスでメールアドレス195人分が流出 - NHK

NHKは、就職の情報提供を希望した195人に、催しなどの案内をメールで送信した際、メールアドレスが流出したと発表した。

12月4日に送信した際、操作ミスがあり、受信者全員のメールアドレスが確認できる状態になったもので、メールアドレスが流出。名前や住所といった個人情報は含まれていなかったという。同社では、関連する顧客に対して事情を説明、メールの謝罪を依頼した。

(Security NEXT - 2007/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ