Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なくならないファイル交換ソフト経由の情報漏洩相談 - IPAが警鐘

情報処理推進機構は、「Winny」や「Share」といったファイル交換ソフトの利用に情報漏洩の危険が伴うとして再び警告を発している。

ファイル交換ソフトでは、利用者の操作ミスはもちろん、ウイルス感染により流出につながるケースも多く、実際に同機構へ「ファイル交換ソフトを利用したことにより会社の情報漏洩した」との相談が毎月多数寄せられているという。2007年11月は特に相談件数の増加が著しく、11件から31件に跳ね上がった。

こうしたファイル交換ソフトは、数十万台といった規模でネットワークが構築されているケースもあり、流出して多数利用者にダウンロードされると、事実上回収が不可能となることから、IPAでは「興味本位で利用することは絶対に慎むべき」と警告を発している。

ファイル交換ソフトをインストールした私用パソコンからの漏洩や、本人がファイル交換ソフトを利用していなくても家族が利用しているケースや、消去したつもりのファイルがドライブ上に残存し、外部へ流出するなど、注意を払っても情報漏洩事故につながるケースが目立ち、「利用し続ける限りは、情報漏えい事故はなくならない」と注意を呼びかけた。

(Security NEXT - 2007/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所
JPCERT/CCの新代表理事に菊池浩明氏が就任
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に