Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アドウェアは減少傾向、一方で「偽セキュリティソフト」の猛威続く

ウェブルート・ソフトウェアは、偽セキュリティソフトが増加傾向にあるとして警告を発している。

2006年ごろからユーザーの不安を煽り、購入を促す偽セキュリティソフトが出回っているが、同社がまとめた11月のスパイウェア感染状況によれば、既存のアドウェアは減少傾向にあるが、一方で偽セキュリティソフトは増加し、日本語版も鎮静化する気配がないという。

先月に引き続き「DriveCleaner」が1位を記録。「System Doctor 2006」が圏外から3位へ急浮上しているが、これらはいずれも偽メンテナンスソフト。自分でインストールした覚えがない場合には削除することを同社では勧めている。

また今月は、「AdvancedCleaner」があらたに偽セキュリティソフトとして定義された。同プログラムは、「アダルトコンテンツが見つかった」など嘘の表示でユーザーの不安をあおり、ソフトの購入を促すもので、トロイの木馬によりインストールされるケースもある。ソフトを削除してもトロイの木馬を駆除しない限り、再びインストールされるおそれがある。

またトロイの木馬では、ランキング上位に大きな変動はなかった。ただし、トップ10中7つが圏外からのランキングとなるなど、入れ替わりは激しい。1位の「Trojan-Downloader-Zlob」はネットを介してほかの不正プログラムをダウンロードさせるもので、2位の「Trojan-Backdoor-Poebot」は外部からの無制限のアクセスを許す。いずれも危険度は「非常に高い」となっており、注意が必要。

同社が発表した「アドウェア」「トロイの木馬」それぞれの検知数ランキングは以下のとおり。

アドウェア

1位:DriveCleaner
2位:Virtumonde
3位:System Doctor 2006
4位:Mirar WebBand
5位:Hotbar/Zango
6位:WhenU SearchBar/PriceBandit
7位:CommAid
8位:WhenU
9位:ABox
10位:TrafficSolution

トロイの木馬

1位:Trojan-Downloader-Zlob
2位:Trojan-Backdoor-Poebot
3位:Trojan-Hoja
4位:Trojan-Backdoor-Bobax
5位:Netsky.P
6位:Trojan All-In-OneTelcom
7位:Trojan Hachilem
8位:Trojan-Ace-X
9位:SDBot
10位:Trojan-Backdoor-Cybertakeover

(Security NEXT - 2007/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト