Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

済生会新潟第二病院、患者情報含むUSBメモリを紛失 - 氏名などは含まれず

済生会新潟第二病院は、患者3042人分のID番号や診療に必要な資料などが保存されたUSBメモリを紛失したと発表した。直接個人を特定できる情報は含まれていないという。

所在が不明となっているUSBメモリは、患者における看護の必要度を記録したデータベースを保存していたもので、院内の入力場所を移動する際、持ち歩いていたという。11月2日にデータ入力を終えた事務員が引き出しに入れて帰宅。その後5日に再びデータ入力作業を行おうとしたところ、メモリがなくなっていることに気が付いたという。

データベースには、2007年4月1日から10月31日の間に入院していた患者3042人のID番号、データ識別番号、看護必要度調査に関する項目などが保存されていた。氏名や住所、電話番号などは含まれず、データはすべて数字に置き換えられてあるため、メモリ内のデータから患者は特定できないと同院では説明している。

紛失判明後、院内や事務員自宅の周辺を捜索したが見つからず、置き忘れなどの可能性が高いとして警察へ紛失を届けた。二次被害などの報告はないという。同院では、不審電話などに注意を呼びかけており、今後はメモリの取扱いに関する規程を策定するとしている。

(Security NEXT - 2007/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意