Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「海賊版買わないで」 - ACCSとヤフーがオークション落札者に呼びかけ

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)とヤフーは、オークションで海賊版出品者と取引経験があるユーザーへ海賊版を購入しないよう呼びかける活動を開始した。ヤフーよりメッセージがメールで送付される。

今回の取り組みは、Yahoo!オークションを通じて海賊版出品者と取引したことのあるユーザーを対象に、海賊版販売防止への理解を求めるメールを送付するもの。購入者側に呼びかけることで、海賊版販売に歯止めをかけるのがねらい。

オークションを利用した海賊版販売については、悪質化が進む傾向にあり、海賊版と知りながら取引するユーザーも存在するという。両者はこれまで啓発活動などを共同で実施しているが、今回の注意喚起など対策強化を進める。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

Yahoo! JAPAN
http://www.yahoo.co.jp/

(Security NEXT - 2007/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応