Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

P2P情報漏洩対策サービスが「Limewire/Cabos」に対応 - ネットエージェント

ネットエージェントは、海外で広く利用されているファイル共有ソフト「Limewire/Cabos」に対応する情報漏洩対策サービスの提供を開始した。

同社では、従来よりファイル共有ソフト「Winny」「Share」における情報流出事故において、流出規模や所有者のIPアドレスなどを調べるサービスを展開しているが、今回あらたに「Limewire/Cabos」へ対応したもの。「Limewire/Cabos」のネットワークを巡回し、特定ファイルの所有者など事故の規模について調査を実施する。

すでに「Limewire/Cabos」による流出事件が国内で発生しており、同ソフトの設定ファイルがテキストファイルで、ウイルスの攻撃を受けやすい特徴もあることから、同社では、今後WinnyやShare同様に情報漏洩の原因となる可能性があると指摘している。

ネットエージェント
http://www.netagent.co.jp/

(Security NEXT - 2007/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
特定健診の名簿紛失で職員を処分 - 五島市
業務外で個人情報を保有、市職員を処分 - 阿波市
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要