Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、10月のセキュリティ更新プログラムを公開 - ゼロデイ攻撃にも対応

マイクロソフトは、10月のセキュリティ更新プログラムを公開した。当初7件の公開を予定していたが、そのうち1件には問題が見つかったことから、深刻度が「緊急」とされるプログラムが4件、「重要」が2件のあわせて6件を提供する。

今回の更新プログラムでは、「Microsoft Word」の文字列処理などの問題や、アドレスバーの偽装など「Internet Explorer」に関する4件の脆弱性に対応。いずれもリモートでコードが実行されるなど深刻度は「緊急」となっている。

「Microsoft Word」の脆弱性については、非公開で同社が報告を受けた脆弱性だったが、すでにゼロデイ攻撃を確認しているという。一方IEについては、ゼロデイ攻撃は確認されていないが、すでに一部で脆弱性が公開されており、早急な対応が必要。

また「Kodak Image Viewer(Wang Image viewer)」における画像処理の問題や、不正なNNTPレスポンスの処理を行う際に正しく処理が行われない「Outlook Express」や「Windowsメール」の脆弱性など、同社ではいずれも深刻度を「緊急」とした。

さらに認証時の通信エラーで「リモートプロシージャコール」でサービス拒否が起こる問題や「Microsoft Windows SharePoint Services 3.0」「Microsoft Office SharePoint Server 2007」で特権の昇格やスクリプトの実行による情報漏洩といった脆弱性など、深刻度が「重要」とされる2件にも対応した。

2007年10月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-oct.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中