Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、10月のセキュリティ更新プログラムを公開 - ゼロデイ攻撃にも対応

マイクロソフトは、10月のセキュリティ更新プログラムを公開した。当初7件の公開を予定していたが、そのうち1件には問題が見つかったことから、深刻度が「緊急」とされるプログラムが4件、「重要」が2件のあわせて6件を提供する。

今回の更新プログラムでは、「Microsoft Word」の文字列処理などの問題や、アドレスバーの偽装など「Internet Explorer」に関する4件の脆弱性に対応。いずれもリモートでコードが実行されるなど深刻度は「緊急」となっている。

「Microsoft Word」の脆弱性については、非公開で同社が報告を受けた脆弱性だったが、すでにゼロデイ攻撃を確認しているという。一方IEについては、ゼロデイ攻撃は確認されていないが、すでに一部で脆弱性が公開されており、早急な対応が必要。

また「Kodak Image Viewer(Wang Image viewer)」における画像処理の問題や、不正なNNTPレスポンスの処理を行う際に正しく処理が行われない「Outlook Express」や「Windowsメール」の脆弱性など、同社ではいずれも深刻度を「緊急」とした。

さらに認証時の通信エラーで「リモートプロシージャコール」でサービス拒否が起こる問題や「Microsoft Windows SharePoint Services 3.0」「Microsoft Office SharePoint Server 2007」で特権の昇格やスクリプトの実行による情報漏洩といった脆弱性など、深刻度が「重要」とされる2件にも対応した。

2007年10月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-oct.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた