Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒のデータ含むUSBメモリが職員室で所在不明に - 横浜の市立小学校

横浜市教育委員会は、市立小学校の教諭が、生徒31人分の成績一覧表が保存されたUSBメモリを紛失したと発表した。

今回の紛失事故は、3年生31人分の氏名や成績評価データが保存されていたUSBメモリの所在がわからなくなっているもの。メモリは、鍵がかかる保管庫に保管することになっていたが、9月25日に担任教諭がしまい忘れ、職員室の机の上に置いたまま帰宅したところ、翌日に同メモリがなくなっていたという。

全職員で探したが発見できず、教育委員会に報告。同校では関連する生徒の家庭訪問を行い、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2007/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県