Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DCSとNRIセキュア、情報セキュリティ分野で協業 - セキュリティ診断サービスを提供

三菱総研DCSとNRIセキュアテクノロジーズは、情報セキュリティ分野で協業し、関連ソリューションを提供すると発表した。協業の第1弾として、DCSが同社の顧客向けに、NRIセキュアのセキュリティ診断サービスを提供する。

同サービスは、不正アクセスに対するセキュリティ対策が十分に実施されているかについて、両社のコンサルタントが診断するもの。ネットワークやサーバの安全性を診断する「プラットフォーム診断」、サイト上で稼働するアプリケーションの安全性を診断する「Webアプリケーション診断」、データベースのセキュリティ対策が十分かを診断する「データベース診断」などが提供される。

「データベース診断」においては、診断の精度向上および効率化のため、DCSが総代理店となっている英Next Generation Security Softwareの「NGSSQuirreL」を利用する場合がある。両社は今後も、情報セキュリティ関連サービスを提供する予定。

(Security NEXT - 2007/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口