Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特許庁の知財活動調査で個人情報などが流出

特許庁の業務委託先において、宛名の印字ミスにより個人情報が流出する事故が発生した。

特許庁が毎年実施している「知的財産活動に関する調査」における調査対象者の一部が流出したもの。調査は、JFEテクノリサーチが請け負い、特許や商標などを複数出願した実績がある法人をはじめ、個人、公的研究機関へ調査票を送付、回収して取りまとめているが、事前通知のはがきを送付した際に、676件について本来の受取人と異なる住所に送付し、個人情報などが漏洩した。

外部の指摘により事故が判明し、同社は8月28日に同庁へ報告。同庁は、同社に対して誤送付したはがきの回収や謝罪などの対応、原因究明、再発防止策の報告を求めた。

誤送付の原因は、ラベル印刷のデータを作成する際、データ修正においてミスが発生したもので、気が付かずそのまま投かんしてしまったという。同社ではデータのチェック体制を強化するなど再発防止対策を進める。

特許庁
http://www.jpo.go.jp/indexj.htm

JFEテクノリサーチ
http://www.jfe-tec.co.jp/

(Security NEXT - 2007/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート