Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報約1500件を保存したパソコン盗まれる - 国立がんセンター

国立がんセンター中央病院において8月10日に患者情報を保存したノートパソコンが何者かに盗まれたことがわかった。

同日朝に出勤した職員が、7階病理検査室のノートパソコン1台がなくなっていることに気が付いたもの。パソコンには、氏名や性別、生年月日のほか、治療に関する情報や家族の病歴など、1542件の個人情報が記録されていた。

同センターでは、ノートパソコンにパスワードを設定し、ワイアで固定。さらに巡回や各部屋の施錠など防犯対策を行っていたが防げなかったという。

(Security NEXT - 2007/08/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避