Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上半期だけで7325種が出回ったルートキット - 米McAfeeが無償対策ツール

米McAfeeは、ルートキットを検出して駆除する無償ツール「Rootkit Detective」を公開した。専用のダウンロードサイトから入手できる。

同ツールは、同社の研究機関McAfee Avert Labsが開発したルートキット駆除ツール。PC内をチェックして隠しプロセス、レジストリ項目、ファイルを検出し、システムの再起動時に安全に削除、無効化できるようにする。またカーネルメモリの整合性をスキャンして、システムの乗っ取りの兆候である改変を表示する。

さらに同ツールを利用して、ルートキットのサンプルを送ることもできる。送られた検体はMcAfee Avert Labsが分析して、同社のセキュリティ製品へ反映される。同社によれば、ルートキットは増加傾向にあり、昨年の3284種から今年上半期までに7325種が見つかっている。

(Security NEXT - 2007/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集