Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長野県、委託業者職員が水道料金の領収書などを紛失

長野県は、7月25日に水道料金の徴収業務を委託している業者の従業員が、千曲市内で使用済み領収書や納入通知書などを入れた鞄を紛失したと発表した。

紛失したのは、一部書き損じを含む県営水道料金の使用済み領収書26件や納入通知書4件。顧客の氏名、住所、水道料金など個人情報が記載されている。さらに現金や業務委託先である電算の収納受託者印も含まれる。顧客宅を訪問する途中で、鞄ごと置き忘れた可能性が高いという。

同県では、紛失判明後に警察に被害を届け出た。また関連する世帯に対し事実説明を実施し、情報の悪用に対する注意喚起を行う。また委託業者に対し、再発防止策を講じるよう指導するとしている。

(Security NEXT - 2007/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も