Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS型のウェブアクセス監視ソリューション - AT&T GNS

AT&Tグローバル・サービスは、ウェブアクセスを管理して、不正侵入や従業員の私的利用などを防ぐSaaS型ソリューション「AT&T Web Security」を発表した。サービスは2007年秋に提供を開始する予定。

同ソリューションは、ウェブアクセスを24時間365日リアルタイム監視して、外部からの不正侵入やウイルスを防ぐとともに、従業員の私的なネット利用を防ぐSaaS型のセキュリティソリューション。ISPやブラウザに依存することなく利用でき、専用の機器やソフトの導入も不要。

社内ネットワークへの外部からの不正侵入を防ぐ「Web Malware スキャン」、企業のポリシーに合わせてアクセスを制限する「Webフィルタリング」、インスタントメッセンジャーの利用を制限する「IM Control」の3つのコンポーネントから構成されており、必要な機能のみ導入することができる。

(Security NEXT - 2007/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン