Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地震につけ込む不当販売が発生、「速報装置設置が義務化」とうその説明

地震速報受信機器の設置が義務化されたなど虚偽の説明を行い、販売を行う業者が発生しているとして、気象庁や自治体などは注意を呼びかけている。

市町村の防災センターやマンション管理業者の依頼などとして、あたかも機器の設置が義務かされたような説明を行い、不当に販売するケースが報告されているという。気象庁では、数十秒前に地震の到達を予告する「緊急地震速報」を、10月1日より一般向けに提供する予定で、テレビやラジオ、携帯電話事業者をはじめとする各民間事業者などがサービスの提供を予定しているが、それにつけ込んだものと見られている。

気象庁や自治体は義務化やあっせんを行っておらず、不要であったり、不当に高額な装置など売りつけられるといった被害に遭わないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例
中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開
「東北文化の日」の旧ドメインを第三者が取得 - マルウェア配布に利用か
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
「Java SE」の最新版がリリース - 脆弱性20件に対処
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収