Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベリサインの「マネージドPKIサービス」を「パソコンバンクWeb21」が採用

日本ベリサインは、携帯電話向けの認証局構築サービス「ベリサイン マネージドPKI for Mobile」が、三井住友銀行とNTTドコモのモバイルバンキングサービス「パソコンバンクWeb21モバイルサービス」に採用されたと発表した。

同サービスは、企業向け認証局構築サービス「ベリサイン マネージドPKIサービス」の携帯電話向けオプションとして提供されるもの。電子証明書を発行するための認証局を構築し、企業に代わって証明書を発行する。モバイルバンキングサービスへの提供は、国内で初めてだという。

今回採用されたのは、三井住友銀行とNTTドコモが開始する法人向けモバイルバンキングサービス「パソコンバンクWeb21モバイルサービス」。各企業が発行するクライアント証明書をダウンロードしてPKIによる電子認証を実現する「FirstPassオリジナル証明書機能」が活用されている。

(Security NEXT - 2007/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
一部で13年以上にわたり誤った信用情報を登録 - 岩手銀