Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化ソフト「SecureZIP」を個人ユーザーへ無償配布

ピーケーウェア・ジャパンは、個人ユーザーを対象に「SecureZIP for Windows」デスクトップ版の無償提供を開始した。

「SecureZIP」は、従来から利用されているアーカイブ形式「ZIP」に対して暗号化や認証などセキュリティ機能を追加したソフトウェア。個人利用であれば、簡単な登録を行うことで、同社ウェブサイトから無償でダウンロードすることができる。

また今回の無償提供では、企業は対象外となっているが、同社では、官公庁、地方自治体に対して先着10万台分について無償提供を実施する予定。

(Security NEXT - 2007/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社