Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ITmediaが不正アクセスで改ざん被害 - 不正なコード埋め込まれる

アイティメディアは、同社が運営するIT関連ニュースのポータルサイト「ITmedia」のサーバが不正アクセスを受け、一部データが不正に書き換えられたことを明らかにした。公開したページの一部にIEの脆弱性を攻撃する不正なコードが埋め込まれていたため、利用者に注意を促している。

同社によれば、公開準備サーバが不正侵入され、その結果「ITmedia Biz.ID」のトップページをはじめ、「TechTargetジャパン」のWebキャストページ、「ITmediaメールマガジン」の案内など、3ページについて改ざんされた状態で4月27日夕方から5月1日昼過ぎまで公開したという。

書き換えられたページには、IEの脆弱性を攻撃するコードが埋め込まれていた。脆弱性は既知のもので、すでにマイクロソフトが問題を解消する更新プログラムを提供しているが、適用していない場合、無関係のウェブサイトへアクセスさせられる可能性がある。

同社では、問題のページにアクセスした場合、ウイルス対策ソフトなどでチェックしてほしいと呼びかけている。また公開しているファイルの調査を実施したほか、不正侵入経路を特定した上で遮断。監視ツールの設置などを対策を進めている。

(Security NEXT - 2007/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず