Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス受けた大阪府ウェブサイトがようやく復旧の見込み

大阪府のウェブサイトが、外部より不正アクセスを受け、一部サービスが制限されている問題で、同府は5月9日以降に復旧する予定であることを明らかにした。

同府ウェブサイトは、先月23日に外部より攻撃を受け、一時閉鎖。その後「オンライン手続きの電子申込みサービス」や「電子入札」など、優先順位の高いサービスに限定して情報を提供していた。

同府が進めていた調査解析がゴールデンウィーク明けに終了することから、復旧する見込みとなったもので、一部ページを除き5月9日以降に利用可能になるとしている。

(Security NEXT - 2007/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース