Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経済産業分野の改正個人情報保護法ガイドラインが施行 - 「過剰反応」への対応

経済産業省は、同省分野を対象とした個人情報保護法の改正ガイドラインを告示した。4月1日付けで施行となる。

同省では、「過剰反応」への対応や個人情報取扱事業者の負担軽減などを盛り込んだ改正案を公表し、2006年末から2007年1月にかけてパブリックコメントを実施、意見を募集した上で取りまとめた。

個人情報へ過剰に反応し、適切に個人情報が提供されないケースがあるとして、改正ガイドラインでは、法令、生命や身体、財産の保護を目的とする場合など、本人の同意を得ることなく個人データを第三者に提供できる事例をガイドラインへ追加した。

また、事業者へ過剰な負担がかからないよう配慮。個人の権利利益の侵害が少ない場合を踏まえ、宛名データや書店で販売される名簿の利用に関する事例を追加した。さらに事故や違反時についても、高度な暗号化が実施されている場合など複数条件を示した上で、本人や主務大臣への報告や公表を省略して良いケースなど盛り込んだ。

(Security NEXT - 2007/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多