Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

視聴者154名の個人情報がネット上で閲覧可能に - デジタルプラネット

デジタルプラネット衛星放送は、アンケートに応募した視聴者154名分の個人情報が、3月9日から13日の間、ネット上で閲覧可能な状態にあったことを発表した。

流出したのは、2006年11月28日から12月4日に実施された番組アンケートに応募した視聴者154名分の個人情報。氏名、住所、電話番号、年齢、職業、メールアドレスなどが含まれる。

2007年3月8日、同アンケートのアプリケーションの動作を確認するためサーバにアップロードした際、正常に動作しなかったためファイルを残したまま作業を中断。翌日Yahoo!検索エンジンのサーバに記録されたという。その結果、キーワード検索すると個人情報が閲覧できる状態となった。

同社では3月13日にサーバ上のファイルを削除し、同日中に検索エンジンサーバからの削除を確認。該当する視聴者に対しては、書面にて報告と謝罪をしたとしている。

(Security NEXT - 2007/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意