Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新銀行東京、プログラムミスで一部信用情報を登録ミス - 1年以上前から

新銀行東京は、信用情報の管理機関へ一部誤った情報を登録していたと発表していたことを公表した。

プログラムの不具合によるもので、2005年12月から2007年2月末までの間に融資や保証を利用し延滞があった場合に、実際とは異なり「延滞解消」と誤って登録してしまったケースや、延滞開始時の年月日や残高発生年月日など、誤って更新したケースがあったという。延滞がない場合は影響なかった。

誤登録されていた場合、金融機関で信用情報を誤って認識された可能性がある。同行では現在はプログラムの不具合を解消しており、正しいデータの登録も完了したという。

新銀行東京
http://www.sgt.jp/

(Security NEXT - 2007/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ