Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

販売代理店従業員のパソコンから顧客情報がShare流出 - NTTドコモ北陸

石川県内のドコモショップ従業員が所有するパソコンから、顧客情報1478件を含むリストが、ファイル交換ソフト「Share」のネットワークを経由してネット上に流出していたことがわかった。

NTTドコモ北陸によれば、流出したデータは、販売代理店の中部特機産業が運営するドコモショップ金沢都ホテル店(旧ドコモショップ新神田店)が2001年7月から2006年3月の間に取り扱った顧客リストで、3月7日に流出が判明。ファイルにはパスワードが設定されているという。

同リストには、法人顧客230社、および個人顧客1248名計1478件の顧客情報が記載されている。個人顧客の場合は氏名、携帯電話番号、勤務先、機種など、法人の場合は会社名、携帯電話番号、窓口担当者名、機種などが含まれる。また、会社名や携帯電話番号などを含む法人顧客向けのコンサルティング資料6件も流出した。

同従業員は、営業活動に利用する目的で独自のリストを作成するため、持ち出し禁止のデータを自宅に持ち帰ってパソコンに保存。その際、ファイル交換ソフト「Share」を介して流出したと見られている。

NTTドコモ北陸では、社内や代理店において業務ファイルの無許可の持ち出しやファイル交換ソフトの利用を禁止していたという。同社では該当する顧客に対し、個別に説明と謝罪をしている。

(Security NEXT - 2007/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で