Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコムの住基カード搭載アプリに不具合 - 電子申請できないケースも

NTTコミュニケーションズが地方公共団体などに提供した住民基本台帳カードの一部に不具合があることがわかった。カードに搭載されている「公的個人認証カードアプリケーション」に問題があったもので、電子申請や届出できないケースもあるという。

2003年8月から同年12月までの納品されたアプリケーション。同社では718の地方自治体に納入しており、すでに電子証明書は約9万2000件が発行されている。

同社の調査によれば、今回の不具合は、約0.003%の確立で発生するもので、最大3万2769回につき1回発生する計算。不具合が発生しないケースでは、正しく申請や届出が行われ、不具合が発生した場合でも、不適切な申請や届出が誤って受理されたり、システムそのものへ影響することはないという。また、個人情報の漏洩なども発生しないとしている。

不具合のある公的個人認証カードアプリケーションを搭載した住民基本台帳カードは、住民の希望に応じて発行元となる市区町村で交換する予定だ。

住民基本台帳カードの不具合については、2004年10月に日立製作所が提供した約3万枚にアンテナとICチップの接合不良が発生し、101の地方公共団体でカードの再交付が行われたほか、2006年には東芝が発行したカード8200枚においてアプリケーションに不具合が判明し、7団体に影響が出たケースがある。

NTTコミュニケーションズ
http://www.ntt.com/

(Security NEXT - 2007/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大