Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カードリーダ不要でUSBへ直接接続できるICカード - 凸版印刷

凸版印刷は、パソコンのUSB端子に直接差し込んで個人認証に使用できるICカード「SMARTICS-USB」を3月より提供開始する。

同製品は、簡易アダプタを利用することでICカードをUSB接続でき、特別なカードリーダーを必要としないICカード。カード型のため大量生産が可能でUSBトークンなどに比べて低コストを実現。またカードのため、デザインの自由度が高く、封書で送付することも可能。

同製品にはギーゼッケアンドデブリエントのICモジュールや技術を応用しており、今回の発売にあたり凸版では同社と独占販売契約を締結している。初年度100万枚、5年後に1000万枚の発行を見込んでいる。

070305to2.jpg

070305to1.jpg

(Security NEXT - 2007/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町