Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日商エレ、内部統制の初期診断コンサルサービスを開始

日商エレクトロニクスは、「全社的な内部統制における初期診断コンサルティングサービス」の提供を開始する。

同サービスは、上場中堅企業や上場企業の関連会社における内部統制整備を支援するサービス。内部統制の不備などを明確化することが可能。

公認会計士が実施する監査の評価項目をもとに開発した診断ツールを利用し、コンサルタントが231項目をチェック。内部統制の状況に関する診断や改善アドバイスなどレポートを提供する。

(Security NEXT - 2007/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6月のDDoS攻撃観測、前月の3分の2に
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
同意なしで信用情報取得、営業に利用 - 鹿児島信金
無許諾のイラストを暑中見舞い用素材として提供 - 日本郵便
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
海外子会社に不正アクセス、顧客情報が流出 - みずほ銀
スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
DX向けサービスのリスク評価や対策を支援 - NRIセキュア