Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ほかのウイルスとの連携で感染力を拡大させる手法に注意 - トレンドマイクロレポート

トレンドマイクロは、2007年1月のウイルス感染被害レポートを発表した。ほかのウイルスと連携したり自身の機能を変化させることで駆除を困難にする手法が今後も続くとしている。

同レポートによれば、1月の被害報告数は7448件で、昨年12月の7764件と比べてわずかに減少したものの、減少傾向にあったマスメール型ワーム「STRATION」はあらたな亜種が発見され、被害件数もわずかだが増加した。

初登場で4位にランクインした「SMALL.EDW」はトロイの木馬型で、自身でメールによる拡散活動は行わないものの、スパムメールの添付ファイルとして大量に広められた。また、ほかの不正プログラムをダウンロードして多重感染させる「シーケンシャル攻撃」を行うとともに、感染拡大の過程でほかのウイルスと連携したり自身の機能を変化させることで駆除を困難にするのが特徴。

同ウイルスの被害は、日本国内では少なかったものの、多重感染を引き起こす攻撃は今後も続くとして、ウイルスがアクセスする不正サイトへの接続をブロックするURLフィルタリング機能の活用など、多様な対策を同社では呼びかけている。今月のウイルス感染被害トップ10は以下の通り。

1位:BKDR_AGENT
2位:WORM_STRATION
3位:WORM_RBOT
4位:TROJ_SMALL.EDW
5位:TROJ_ROOTKIT
6位:WORM_SDBOT
7位:ADWARE_ABETTERINTERNET
8位:TROJ_DLOADER
8位:PE_VIRUT
10位:ADWARE_BESTOFFERS

(Security NEXT - 2007/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル