Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

P2Pやキーロガーなどの企業の脅威を排除「AntiMalware v5」 - アークン

アークンは、Windows Vista対応の法人向け不正プログラム対策ソフト「AntiMalware v5」を発売した。

同製品は、スパイウェア、ハッキングツール、トロイの木馬、ウイルス、ワームなどを検知、駆除する法人向けの不正プログラム対策ソフト。マルウェアデータベースにくわえ、P2Pソフトやキーロガーなど、企業防衛上対策が必要ないわゆる「グレーツール」にも対応した拡張マルウェアデータベースを搭載。特にP2Pソフトの対応範囲を150種類、6000シグネチャ以上に強化した。

専用クライアントツールの機能強化により、企業のポリシーに合わせた柔軟な適用や強固な集中管理が可能。また、同社の現行製品と比べてプログラムの容量を約40%軽量化するとともに、プログラムの起動時間、およびスキャン速度が約50%向上した。これにより、ほかのウイルス対策ソフトとの併用がしやすくなったという。

初年度ライセンスの価格は、ウイルス対策機能付きの「AV」タイプが2万7750円/5クライアントから。スパイウェア対策が中心の「AS」タイプが2万250円/5クライアントからとなっている。今後は、スタンドアロン版やASP版などのリリースを計画しているほか、発売を記念した期間限定の各種キャンペーンも実施する予定。

(Security NEXT - 2007/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク