Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JAみなみ信州、組合員の氏名や口座番号含むPCを紛失

みなみ信州農業協同組合は、みなみ地域事業本部営農センターにおいて、氏名や口座番号など組合員の個人情報を含む業務用パソコンの紛失が判明したと発表した。

所在がわからなくなっているパソコンには、組合員の氏名、住所、電話番号、ファックス番号、口座番号、生産者コードが含まれるデータ63件、および氏名、口座番号、生産者コードが含まれるデータ4181件が保存されていた。また、氏名と生産者コードのみのデータ1万280件も含まれる。同組合では警察に被害を届け、該当する組合員に事情説明した。

(Security NEXT - 2007/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想環境管理ツール「vROps」に権限昇格の脆弱性
システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
ピクサー製レンダリングソフトに脆弱性 - アップデートがリリース
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
1月に「個人情報保護法シンポジウム」が都内で開催
Apple、「iOS 12.1.2」をリリース - CVE番号付与された脆弱性の修正は含まず