Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

もし二次流出あれば厳格な法的処置行う - 講談社

講談社は、女性誌「FRaU」の読者など741名のリストを誤ってメールに添付し、流出した問題で、対応策を発表した。同社では弁護士と相談を進めており、もし二次流出などが今後発生した場合には、法的な措置をとるとしている。

同社では、事件を受けてインターネット上のパトロールを強化。現在、二次被害などは発生していないが、事件に便乗するような掲示板への書き込みを確認しており、プロバイダーへ削除要請を行っている。同社では、二次流出などが発生した場合は、法的な手続きに乗り出す姿勢を明らかにしている。

また、再発防止に取り組むとして、同社ではチェック体制やアクセス制限、強化を実施。今後は個人情報を含むファイルを添付できないシステムを導入や社内研修の徹底など進めているという。

(Security NEXT - 2006/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず