Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WindowsとMacに影響するWordの脆弱性 - ゼロデイ攻撃の報告も

マイクロソフトは、Wordにあらたな脆弱性が見つかったとして、セキュリティアドバイザリを公開した。同脆弱性を悪用したゼロデイ攻撃も報告されているという。

今回報告された脆弱性は、不正な細工をされたWord文書を開くとリモートで任意のコードを実行されるというもの。影響を受けるのは、Word 2000、2002、2003、Word Viewer 2003。およびWorks 2004、2005、2006。また、Word 2004 for MacやWord 2004 v.X for MacなどのMac版も含まれる。

メールに添付されたファイルを開かない限り影響を受けることはないとして、不審なWord文書を開かないよう注意を促している。同社では調査が完了次第、修正プログラムを提供するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、APAC初「エクスペリエンスセンター」を開設
「NIST SP800-171」準拠の支援サービス - ニュートン
英会話教室でメール誤送信、保護者のメアドなど流出 - 東京ガイダンス
政府「クラウド安全性評価」の取りまとめ案で意見募集
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
「VMware ESXi」「Horizon DaaS」に深刻なRCE脆弱性
ネットバンク不正送金が3.6倍に - 個人での被害目立つ
「JNSA賞」の受賞者を発表 - 特別賞に「nao_sec」
「Photoshop CC」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートを
認証システム「Athenz」に脆弱性 - アップデートがリリース