Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WindowsとMacに影響するWordの脆弱性 - ゼロデイ攻撃の報告も

マイクロソフトは、Wordにあらたな脆弱性が見つかったとして、セキュリティアドバイザリを公開した。同脆弱性を悪用したゼロデイ攻撃も報告されているという。

今回報告された脆弱性は、不正な細工をされたWord文書を開くとリモートで任意のコードを実行されるというもの。影響を受けるのは、Word 2000、2002、2003、Word Viewer 2003。およびWorks 2004、2005、2006。また、Word 2004 for MacやWord 2004 v.X for MacなどのMac版も含まれる。

メールに添付されたファイルを開かない限り影響を受けることはないとして、不審なWord文書を開かないよう注意を促している。同社では調査が完了次第、修正プログラムを提供するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ