Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WindowsとMacに影響するWordの脆弱性 - ゼロデイ攻撃の報告も

マイクロソフトは、Wordにあらたな脆弱性が見つかったとして、セキュリティアドバイザリを公開した。同脆弱性を悪用したゼロデイ攻撃も報告されているという。

今回報告された脆弱性は、不正な細工をされたWord文書を開くとリモートで任意のコードを実行されるというもの。影響を受けるのは、Word 2000、2002、2003、Word Viewer 2003。およびWorks 2004、2005、2006。また、Word 2004 for MacやWord 2004 v.X for MacなどのMac版も含まれる。

メールに添付されたファイルを開かない限り影響を受けることはないとして、不審なWord文書を開かないよう注意を促している。同社では調査が完了次第、修正プログラムを提供するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に