Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

便利なコンビニATM、一方でセキュリティ面に不安の声も

コンビニATM利用時にセキュリティに対して不安に感じる消費者が32.4%に上ることがわかった。

インターワイヤードが、同社ネットリサーチサービス「DIMSDRIVE」を通じて10月に実施した調査でわかったもの。有効回答数は7013名。

同調査によれば、「近い」「銀行が開いていない時間も利用できる」といった理由などを背景に、コンビニATMの利用が増加し、2回に1回がコンビニATMと回答したユーザーも31.7%に達したという。

一方で、利用者がコンビニATMに対する不満としては、手数料の高さに対する指摘する声が1位だったが、2位、3位に「周りのお客さんに見られそう」34.7%、「セキュリティ面が不安」が32.4%などセキュリティ面への不満が明らかになった。

利用しないユーザーについても、「セキュリティ面が不安(27.5%)」「ATMが仕切られていない(17.1%)」などセキュリティを理由にする声も多かった。

(Security NEXT - 2006/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー