Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

P2Pやキーロガーなどグレーツールに対応した「AntiMalware」最新版 - アークン

アークンは、ウイルスやスパイウェアなどの不正プログラムにくわえ、ファイル交換ソフトやキーロガーなどの「グレーツール」にも対応した企業向けマルウェア対策ソフト「AntiMalware v5」を、2007年1月より発売する。

同製品は、ウイルス、スパイウェア、トロイの木馬、ワーム、ハッキングツールなどの不正プログラムを検知、削除する企業向けマルウェア対策ソフト。あらたに搭載された「拡張マルウェアデータベース」により、ファイル交換ソフトやキーロガーなど、不正プログラムとは言えないが、企業にとってリスクとなり得るソフトへの対応が可能となった。

専用のクライアント管理ツールの機能強化により、ネットワーク上にある端末の集中管理はもちろん、管理ツールのアクセス権限をシステム管理者、グループ管理者、監査人ごとにレベル分けできる。また、カテゴリ別に検知対象選択や除外設定が行えるため、企業のセキュリティポリシーに合わせた柔軟な運用が可能。

アンチウイルス機能を含む「AV」タイプと、スパイウェア対策を中心に対応した「AS」タイプの2種類が用意されている。また、同社ではASPサービスについても準備を進めている。

061205ak.jpg

(Security NEXT - 2006/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ