Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーが2007年の脅威トップ10を発表 - 「一般ユーザーの回避がますます難しくなる」

マカフィーは、同社研究機関McAfee Avert Labsが予測した2007年の脅威を発表した。

同機関が上げた10種類の脅威は、オンラインサービスにおけるフィッシングサイトの増加をはじめ、画像を利用したスパムの増加、MPEGファイルを利用した不正コードの配布、携帯電話に対する攻撃の増加、アドウェアの増加、個人情報盗難やデータの盗難および紛失、ボットを利用した攻撃の増加、既存ファイルを改変するウイルスなどの復活、ルートキットの増加、ブラックマーケットによる脆弱性の取り引きなど。

同機関の製品開発担当シニアバイスプレジデントであるJeff Green氏は、「高度な技法が増加し、一般ユーザーがマルウェアの感染を認識したり、回避したりすることがますます難しくなる」とコメントしている。

動画共有サイトなどが注目を浴びる一方、MPEGを利用した攻撃や、携帯電話の高機能化を狙った攻撃など、市場の状況を反映したものとなっている。いずれも営利目的のものが大半を占めており、同社は犯罪組織が関係しているのは明白であるとして注意を促している。

(Security NEXT - 2006/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を