Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10Gbpsの通信をリアルタイムにウイルスチェック - 産総研が開発

産業技術総合研究所は、書き換え可能なハードウェア「Field Programmable Gate Array(FPGA)」を利用したウイルチェックを開発した。

061124aist1.jpg

同システムは、端末とネットワークの間に接続するハードウェアで、侵入以前にウイルス排除でき、パソコンはもちろん、情報家電などにも活用できる。

ソフトウェアタイプのものより高速で、10Gbps以上の通信データをリアルタイムでウイルスチェックでき、FPGAのため新種ウイルスに対しても自動で対応できる。

詳細は、11月28日から30日まで北九州国際会議場で開催されるデザインガイアで発表される予定。

061124aist2.jpg

(Security NEXT - 2006/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化