Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10Gbpsの通信をリアルタイムにウイルスチェック - 産総研が開発

産業技術総合研究所は、書き換え可能なハードウェア「Field Programmable Gate Array(FPGA)」を利用したウイルチェックを開発した。

061124aist1.jpg

同システムは、端末とネットワークの間に接続するハードウェアで、侵入以前にウイルス排除でき、パソコンはもちろん、情報家電などにも活用できる。

ソフトウェアタイプのものより高速で、10Gbps以上の通信データをリアルタイムでウイルスチェックでき、FPGAのため新種ウイルスに対しても自動で対応できる。

詳細は、11月28日から30日まで北九州国際会議場で開催されるデザインガイアで発表される予定。

061124aist2.jpg

(Security NEXT - 2006/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性