Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未成年者の有害サイトに対するアクセス制限普及を目指し携帯事業者に要請 - 総務省

総務省は、携帯電話事業者と電気通信事業者協会に対して、未成年者の有害サイト接続を制限するフィルタリングサービスの普及に向け、自主的取り組みを強化するよう要請した。

未成年が出会い系サイトを利用したことにより事件に巻き込まれたケースが発生していることから、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクモバイルなどの携帯事業者に対してフィルタリングサービスへの自主的取り組みを要請したもの。

同省では、要請内容にフィルタリングサービスの提供や啓蒙活動のほか、フィルタリングサービスの利用を推奨する活動の強化を盛り込み、親権者の意思確認や既存ユーザーへの働きかけ、販売店への指導強化などを求めている。

(Security NEXT - 2006/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定