Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

求む、フィッシング詐欺情報 - シマンテックが一般ユーザーから情報募集

シマンテックが運営するオンライン詐欺対策コミュニティ「Symantec Phish Report Network」は、詐欺サイトに関する情報の募集を開始した。

同コミュニティは、2006年5月に発足したオンライン詐欺対策コミュニティ。加盟企業が詐欺サイトのアドレスを共有し、それぞれの企業がフィッシング対策ソリューションなどへ情報を活かしてきたが、今後一般からのオンライン詐欺に関する情報を幅広く募集することでデータベースの充実を図る。

今回、同組織へNational Cyber-Forensics and Training Allianceが参加することも発表されている。収集された詐欺サイトの情報がNCFTAへ提供され、発信元の究明や犯罪捜査などに活用される。

(Security NEXT - 2006/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市