Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大分銀行、顧客情報記載伝票の紛失や委託先でパソコンの盗難などが発生

大分銀行は、顧客情報の記載された伝票の紛失事故、および委託先における顧客情報入りパソコンの盗難が発生したと発表した。

同行によれば、県庁支店において顧客1794名分の氏名、口座番号、取引金額などが記載された伝票綴りの紛失が判明した。調査したところ、2005年12月15日に不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。

また10月25日には、委託先であるプロティビティジャパンの社員宅が荒らされ、業務用パソコンが持ち去られた。同パソコンには、同行の顧客4379名および同行の関連会社である大分保証サービスの顧客889名分の氏名、生年月日、融資残高などが記録されていた。同行では該当する顧客に対し経緯を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2006/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県