Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大分銀行、顧客情報記載伝票の紛失や委託先でパソコンの盗難などが発生

大分銀行は、顧客情報の記載された伝票の紛失事故、および委託先における顧客情報入りパソコンの盗難が発生したと発表した。

同行によれば、県庁支店において顧客1794名分の氏名、口座番号、取引金額などが記載された伝票綴りの紛失が判明した。調査したところ、2005年12月15日に不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。

また10月25日には、委託先であるプロティビティジャパンの社員宅が荒らされ、業務用パソコンが持ち去られた。同パソコンには、同行の顧客4379名および同行の関連会社である大分保証サービスの顧客889名分の氏名、生年月日、融資残高などが記録されていた。同行では該当する顧客に対し経緯を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2006/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず