Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大分銀行、顧客情報記載伝票の紛失や委託先でパソコンの盗難などが発生

大分銀行は、顧客情報の記載された伝票の紛失事故、および委託先における顧客情報入りパソコンの盗難が発生したと発表した。

同行によれば、県庁支店において顧客1794名分の氏名、口座番号、取引金額などが記載された伝票綴りの紛失が判明した。調査したところ、2005年12月15日に不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。

また10月25日には、委託先であるプロティビティジャパンの社員宅が荒らされ、業務用パソコンが持ち去られた。同パソコンには、同行の顧客4379名および同行の関連会社である大分保証サービスの顧客889名分の氏名、生年月日、融資残高などが記録されていた。同行では該当する顧客に対し経緯を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2006/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生