Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不審者や不審物を検知したらアラーム - アイティフォーの監視システム

アイティフォーは、犯罪防止をコンセプトとした監視システム「ナイスビジョン」を発表した。

従来システムでは、事件発生後に監視カメラで犯人の確認が行われることが多いが、同システムでは、不審者や不審物へ事前に検知するコンセプト「インテリジェント・セキュリティ・サイクル」へ沿ったものとなっている。

「インテリジェント・セキュリティ・サイクル」では、モニターにより不審者など発見する「検知」や、検知した人物や物体の現れた映像の「確認」、警備員を派遣する必要性の「解析」などを実施、不審物などを統計を取る「調査」、統計を元とし、再発を防止する「改善」の5つで成り立っているという。

同社はこのコンセプトを実践することにより事件の発生する可能性を低く抑えることができるとし、年間25セットの販売を目指すという。

(Security NEXT - 2006/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市立幼稚園で園児の指導要録を誤廃棄 - 宇陀市
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連