Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲームのパッチサーバでウイルス騒ぎ - 被害の可能性は低

ガイアックスの運営するオンラインゲーム「M2?神甲演義?」のパッチサーバでウイルスの感染騒ぎが発生した。

同ゲームのパッチを配布するサーバにおいて、同社ではウイルス感染ソフトを配布した可能性があるとして、10月19日に事態を公表、同サーバによるパッチの配布を一時停止した。その後の調査で、配布パッチにウイルス「HLLP.Philis.ini」が生成するテキストファイルが入っていたことが判明した。

同社によれば、ダウンロードしたユーザーは2469人に上るが、同テキストファイルのみでウイルス本体は含まれず、利用者に被害が発生する可能性は低いとしている。また、同社や関連会社内におけるウイルスの感染活動についても否定している。

同社では、念のため同ファイルの削除を推奨しており、削除方法をウェブサイトで公開している。また、サービス停止に対する措置として、アイテムの配布やキャンペーンの延長を発表した。

(Security NEXT - 2006/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も