Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さまざまなセキュリティ機能を1本のUSBトークンで実現 - 飛天ジャパン

飛天ジャパンは、USBトークンでコンピュータのロックや暗号化、ログ機能といったセキュリティ機能を実現するソリューション「SecureCore Standard/Enterprise Edition」を11月1日より発売する。

同製品は、Windowsのログオンや、ロック、シングルサインオンといった認証をはじめ、データの暗号化、ログの記録、電子証明書の格納など、さまざまなセキュリティ機能から必要な機能のみを選択、導入できるUSBトークン。Enterprise Editionでは、ActiveDirectoryに対応した認証サーバーを利用した一元管理にも対応している。

対応するUSBトークンは「ePass1000」「ePass2000」「BioPass3000」。

(Security NEXT - 2006/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン